車・バイク・中古車などの情報サイト

レクサス

レクサスは、トヨタの高級車ブランドです。
1989年に北米での展開が始まり、2005年にはようやく、日本での展開も始まりました。

アメリカにおいて、高級車とは「勝者のシンボル」とされ、
重厚かつ威厳のある高級車には、アメリカン・ドリームを手にしたものが乗るという背景がありました。

その名の下に、アメリカの名門ブランドである「リンカーン」や「キャデラック」などの古きよき高級車を乗ることになるのですが、
その名に胡坐をかいたメーカーの姿勢に、不満を募らせるユーザーも少なからず存在しました。

そんな中で、将来高級車市場へと打って出たかったトヨタは、北米市場の市場調査の中で、
名門ブランドのその様な商売の仕方を嫌う富裕層や、それを「古臭い」として受け付けない若年層がいる事を
早くからつかんでいました。

その結果、「伝統」や「威厳」ばかりのこれまでの高級車像を打ち破り、
当時のメルセデス・ベンツなどのドイツ製高級車に引けを取らない品質と、
日本車ならではの「価格」や「信頼性」などと、最高の接客と、アフターサービスを充実させて、
「車」そのもののみならず、サービス面でも同様に最高品質のものをブランドとして提供していこうという、
新しく、これまでよりも更なる高みを目指すことから、
レクサスの基本コンセプトは固まりました。

しかし、レクサスはこれまでの「壊れないが、安い大衆車」という日本車の常識を打ち破るべく、
テストコースの建設などの、従来とはまったく違う、しかも厳しい評価基準を設定し、
本気での開発が進められました。

そして、開発から5年、そのフラッグシップモデルとなる、「LS」が発表となりました。
その「LS」は、これまでの高級車とは違う印象を人々に与え、新鮮さをもって迎えられました。

そして、「LS」はたちまちドイツやイギリスといった、欧州の高級車メーカーの強力なライバルとして、
北米の高級車市場を一変させてしまいました。

結局、販売台数は初年度だけで1万台を超え、
日本の大衆車メーカーが、高級車市場への参入に成功した例となりました。

レクサスのラインナップは当初はセダンのみ(「ES」「GS」。クーペの「SC」も)であったが、
その後は急速にラインナップを拡大。
「LX」「GX」「RX」などのSUV車や、「IS」のような小型スポーツセダン&ワゴンのラインナップに増えました。

その後、ヨーロッパや中東・アジア各国など、世界中に展開されていきましたが、
2005年、ついに日本に上陸を果たしました。

日本では当初、「SC」「GS」「IS」の三車種のみの発売でしたが、後にワールドプレミアを経て、フラッグシップの「LS」も投入。
中でも、「LS」はバックオーダーを多く抱えるほどの人気となりました。

なお、レクサス以前は、レクサス車はトヨタブランドで発売されており、
中でも「LS」の日本版「セルシオ」は、ユーザーが自分でトヨタ・バッジをレクサスのバッジに交換したり、
果ては、アメリカから本物の「LS」を逆輸入するユーザーも存在しました。

今後、日本においてはホンダの「アキュラ」や、日産の「インフィニティ」ブランドの上陸も囁かれており、
また、海外ではトヨタが歩んだ道をそのまま這うかのように、韓国メーカーがレクサスやベンツなどの対抗車を発表しています。
さらに、旧来のライバルでもあるベンツやあBMWなどの高級輸入車も魅力的な車種が次々投入されているので、
レクサスも、気の抜けない戦いが続きそうです。

レクサスでは中古車販売に、輸入車メーカーでは珍しくない「認定中古車」制度を導入。
保証内容も、「2年間走行無制限保証」が付くほか、
高級ブランドならではの高い品質のサービスが受けられます。

『レクサス』 最新ツイート

@USDM_sister

お兄ちゃん。インフィニティとかレクサスのエンブレムチューンは飽きたわ。

2分前 - 2018年10月18日


@shunaidar9

‐ センチュリー レクサス ヴィトン エルメス シャネル シュプリーム ベンツ アメ車 BMW フェラーリ ベントレー ■■ ■noah coinのCM 美人と話題 https://t.co/rg7oXYgWyW

2分前 - 2018年10月18日


@yasu__mina

今日の作業。 LSにエアロ組んでます。 やっぱりレクサスはあんまりいじりたくないなぁ。 https://t.co/F1HJ6Tij3k

2分前 - 2018年10月18日